デコパージュ

デコパージュとは・・・フランス語で、切り抜く、切り裂くなどと言う意味です。

紙に描かれた模様や絵の切り抜きを貼って物の表面を飾り、コーティング剤を塗り重ねていく工芸です。17世紀にイタリアの家具職人が日本の漆工芸をまねて作ったのが始まりと言われています。18世紀中頃、ヨーロッパで広まり、フランス上流階級の婦人の間で流行しました。
20世紀に入ってからは、アメリカで男女に関係なく手軽に楽しめるホビーとして大流行しました。
ヴィーナスでは、色とりどりの紙ナプキンを使ったデコパージュをご紹介してます。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

19